尾崎ブログ

全員自己ベスト更新!

 12月2日(金)は,校内持久走大会を行いました。少し気温が低く,肌寒さを感じましたが,子供たちはやる気いっぱいでした。沿道には,保護者の方だけでなく,地域の方々も応援に来てくださっていました。

 開会式が終わると,4人が一斉にスタートしました。5年生女子は1800m,3・4年生は1400mを走り,それぞれ自己ベストの記録を目指して頑張ります。途中できつくなったところもあったと思いますが,全員が最後まで一生懸命走り抜きました。

 先日同じコースを試走したのですが,そのときのタイムを全員上回って自己ベストの記録を出したことが,閉会式で発表されると応援に来てくださっていた方々から大きな拍手をいただきました。一人一人の頑張りはもちろんですが,応援の後押しがあったからこその記録更新とも言えます。寒い中,たくさんのご声援をありがとうございました。

2022年12月05日

おいしくできたよ!ご飯とみそ汁

 12月1日(木)の午後は,5年生の子供たちが調理実習をしていたので様子を見に行きました。今回は,ご飯とみそ汁を作るそうです。

 家庭科室に行ってみると,既に炊き始めているご飯のいい香りが部屋中に広がっていました。2人は,分担しながらみそ汁の具材を準備中です。先日植えた大根もあまり大きく育っていませんでしたが,具材の一つに加えました。大根や豆腐は適当な大きさに上手に切り分けていました。いりこでダシを取り,具材を煮込んだら,最後に味噌を入れて仕上げます。ご飯は,少し焦げてしまったところがありましたが,全体的にはおいしく炊けていました。

 校長室に戻っていたわたしのところまで,子供たちができ上がったご飯とみそ汁を持ってきてくれました。 給食の後でしたが,子供たちが作ってくれたご飯とみそ汁は別腹です。おいしくいただきました。今度は,家族にも作ってあげるといいですね。

2022年12月02日

学校運営協議会がありました。

 11月29日,本年度4回目の学校運営協議会が行われました。6名の委員の方々が来校し,今回は子供たちの授業を参観していただきました。

 6人の委員の方々が参観する中,3,4年生の子供たちは少し緊張気味でしたが,しっかりと学習に集中していました。5年生は,SET(中学校から派遣される英語教諭)による外国語の授業でした。学習を参観しながら,「専門の先生に教えてもらえるのはありがたい」という委員の方の感想が聞かれました。

 参観の後は,校長室に戻って来年度の学校経営方針等を説明し,承認していただきました。児童数や職員数が少ない中,いろいろ工夫し,協力し合いながら教育活動が行っていくことなどについて説明をしました。

 その後,給食の試食をし,子供たちの給食の様子も参観していただきました。今後も学校の教育活動にいろいろな御意見をいただきますよう,よろしくお願いします。

2022年12月01日

秋の一日遠足

 今回の秋の一日遠足は,普段の遠足と違って電車や路線バスに乗って目的地に向かいました。阿久根駅に集合して,まずは肥薩おれんじ鉄道で出水駅へ,そして新幹線に乗り換えて鹿児島中央駅へ,さらに指宿枕崎線に乗り換えて五位野駅へ,最後は路線バスで平川動物公園に到着しました。公共交通機関に乗ることがあまりない子供たちにとって,貴重な体験でした。

 天気にも恵まれて,広い園内でいろいろな動物と出会いました。3,4年生の男の子たちを5年生のお姉さんたちがしっかりと見守りながら,見学をして回ったようです。

 帰る前には桜島をバックにみんなで記念撮影をしました。さわやかな秋空の下,ぐるぐると園内を歩き回って疲れたのでしょう。帰りの乗り物の中では眠ってしまう子供たち。楽しくて充実した一日を過ごせたようです。

2022年11月28日

楽しく交流できました!

 11月の土曜授業は,高齢者の方とのふれあい活動でグラウンドゴルフをしました。尾崎区と弓木野区から総勢約20名の方が参加してくださいました。

 子供たちにとって,この高齢者の方々とのふれあいは,とても楽しみにしている活動の一つです。普段あまりやる機会がないグラウンドゴルフですが,子供たちは,先輩方からコツを伝授してもらいながら,楽しんで競技していました。

 先輩方は,毎週やっていらっしゃる方が多く,さすがの上手さでした。一人で何回もホールインワンをする方もいらっしゃって子供たちはビックリしていました。

 グラウンドゴルフ交流が終わると,高齢者の方々を代表して尾崎区寿会の川﨑会長さんが,ご自分の小学生時代の話などをしてくださいました。子供たちからは,お礼の言葉と花の苗のプレゼントをしました。参加してくださった皆さん,どうもありがとうございました。これからもどうぞお元気でお過ごしください。

2022年11月14日

「もしも」と「むしば」から身を守る

 11月8日は,地震・火災の避難訓練を行いました。大きな地震が起きて,まずは机の下に一次避難。次に地震の影響で火災が発生したため,屋外へ二次避難するという形で行いました。担任のの先生の指示でスムーズに避難し,校庭に集まることができました。

 その後は,消防署からお借りした水消火器を使って,消火訓練を行いました。係の先生が手順を示し,子供たちはその手順どおりに上手に消火器を使っていました。

 最後にDVDを観ながら,避難する時の注意点を確認しました。「もしも」の危険から身を守ることができそうです。

 また,この日は給食後に,尾﨑区で民生委員をされている元歯科衛生士の有田さんに来ていただき,むし歯予防について学びました。一人一人歯の生え方が違うため,みがき残しがある場所もそれぞれです。手鏡等を使いながらみがき方のコツを分かりやすく教えていただきました。「むしば」からも身を守ることができそうですね。

2022年11月10日

身体も心も健康に!

 学習発表会が終わり,子供たちの次の目標は持久走大会へと切り替わりました。8時からの朝の活動でかけ足に取り組むようになった子供たちに合わせて,職員も自分のペースで身体を動かしています。ひんやりした朝も身体を動かすことで暖かくスタートを切ることができています。体力向上を目指す子供たちと健康の保持・増進を目指す大人たち(職員)。目的は違いますが,一緒に活動する姿はいいものです。

 11月7日は,スクールカウンセラーの先生をお招きして「SOSの出し方教育」授業を実施しました。担任が中心となって授業を進め,詳しい事例等の説明をスクールカウンセラーが行うT・T(チーム・ティーチング)の形で行いました。

 心の中にストレスを抱えたまま生活することは本当につらいことです。それをどのように軽くしていくかを学ぶための学習です。心がつらくなった時にそれを誰かに相談することで,そのつらさが軽くなることがあります。子供だけでなく大人も同じです。自分のつらさを出せるようになること,周りの人のつらさに気付けるようになることが大切なのだと感じました。

 運動をすることもストレスを軽くする方法の一つです。これからも身体と心を健康に保ちましょう。

2022年11月09日

学習発表会,頑張りました!

 10月30日(日)は,学習発表会を行い,3人の児童がこれまでの学習の成果を発表しました。今年度は児童数が少なかったため,4人の職員も子供たちと一緒に練習して,演奏や劇に挑戦しました。

 小学校で外国語(英語)を学ぶようになったことや,児童一人に1台のタブレット端末が配付されたことから,今回は発表の中に英語を取り入れたり,発表資料の作成にタブレットを活用したりしました。

 児童による「はじめの言葉」「終わりの言葉」は英語(英語で言った後,日本語訳を言う)で行いました。また,4年生のボンタン発表や,5年生の郷土学習発表はタブレットでプレゼンテーションを作成して発表しました。詳しく調べ,内容を分かりやすくするために写真や資料も効果的に入れていました。

 児童と職員の発表は,ハンドベルによる「富士山」の演奏,英語劇「In the Autumn Forest」,ダンスの3本立てでした。また,運動会でも披露した「薩摩の響き」の太鼓演奏も行いました。

 運動会同様,子供たちと職員が一緒になって作り上げた学習発表会となりました。たくさんの地域の方々にも観ていただけて,子供たち(本日の主役)もうれしそうな様子でした。みんな本当によく頑張りました。

2022年10月30日

花とのふれあい事業(フラワーアレンジメント教室)

 10月27日(木)の午後からは,阿久根市内にある「なぎさ生花店」の方に来ていただき,フラワーアレンジメント教室を行いました。これは,鹿児島県が全国でも有数な花の産地であるということを子供たちに理解してもらい,その花にふれあい,親しんでほしいという目的で行われている事業の一つです。

 まずはじめに,資料を使って鹿児島県が全国でもトップクラスの花を生産していることを学習しました。また,お墓や仏壇にもきれいな花を供える県民性についても教えていただき,鹿児島県と花との関係の深さを知ることができました。

 学習の後は,さっそくフラワーアレンジメントの実技に入りました。まず,講師の先生が作業手順を簡単に説明して,基本的な形を作って見せてくださいました。それを参考に作業に入ったのですが,何しろ初めてのことなので最初の1本をどこにどんな風に挿そうかと迷う様子が見られました。

 しかし,少しずつ作業に慣れてくると自分なりの完成イメージに向かってどんどん作業が進むようになってきました。迷ったときは講師の先生にアドバイスをいただいたり,少し離れた場所から自分の作品を眺めてみたりしながら仕上げていきました。

 でき上がった作品は,一人一人の個性が感じられるすてきなものになりました。また,家でも挑戦してみるといいですね。

2022年10月28日

緑陰読書会

 10月27日(木)は,市立図書館の方2人と読み聞かせグループの方に来ていただき,緑陰読書会を開きました。読書の秋にちなんで,毎年この時期に校内読書旬間を設定し,その取組の一つとして行っています。

 まずはじめに,読み聞かせグループの方に「キツネの電話ボックス」,次に市立図書館の方に「いもほりバス」という大型絵本を読んでいただきました。読んでくださる穏やかな声に自然と引き込まれ,情景が目に浮かんでくるような感覚でした。子供たちも静かに耳を傾けていました。

 読み聞かせの後は,クイズの本の中から何問か問題を出してくださいました。職員も一緒に考えましたが,頭の柔らかい子供たちに先を越されてばかりでした。

 次に,市立図書館に新しく入った本をコンテナ箱4個分持ってきて,子供たちに読ませてくださいました。面白そうな本に目を輝かせながら読む子供たちの姿が見られました。

 最後にすてきなしおりのプレゼントをいただいて,うれしそうな様子でした。市立図書館,読み聞かせグループの方々,御協力ありがとうございました。

2022年10月27日

市陸上記録会

 10月20日(木)は,市内の小学校6年生全員と5年生の選手たちが一堂に会して市陸上記録会が行われました。尾崎小学校からも5年生の女子2人が参加しました。

 会場に着いた2人は,陸上競技場の広さと人の多さに驚いた様子でした。競技が始まるまでの時間は,これまで学校でやってきたように,自分たちでウォーミングアップを始めました。途中で一緒にリレーを走る西目小学校のメンバーと顔合わせをして,バトンパスなどの簡単な練習をしました。

 100m走では,他の学校の5年生と競い合いながら2人ともゴールまで懸命に走り抜きました。その他には,走り幅跳びと走り高跳びにそれぞれ出場して,これまでの自己記録を更新する頑張りを見せました。

 最初は緊張気味だった2人でしたが,競技が終わると力を出し切った満足そうな笑顔が見られました。

2022年10月24日

西目小との地引き網交流

 10月の土曜授業は,西目小学校との地引き網体験交流学習でした。海辺にある西目小学校と山手にある尾崎小学校が,お互いの校区のよさを交流しようということで30年近く続いているものです。今回は,尾崎小学校が西目小学校におじゃまして地引き網を体験させていただきました。

 はじめの会では,西目小学校の4年生が,海の生き物について調べたことを自作の模型を使って,分かりやすく説明してくれました。次に,体育館の壁にたくさん貼られた調べ学習の成果をワークショップ形式で説明してくれました。最後は,魚に関する3択クイズも出題してくれて楽しく海の生き物について学ぶことができました。

 はじめの会が終わると,学校の近くの飛松海岸に移動して,いよいよ地引き網が始まりました。友達と協力して網につながるロープを引いてたぐり寄せていきます。網の中には,いろいろな種類の魚がたくさん入っていました。捕れた魚はたらいに入れられて,漁協の方が捕れた魚の名前や特徴について詳しく説明をしてくれました。

 子供たちは,魚を手に写真撮影をしました。(少し顔は引きつっていますが…)終わりの会では,尾崎小を代表して5年生の児童がお礼の言葉を述べました。

 西目小学校の皆さん,先生方,漁協の皆さん,保護者の皆さん,貴重な体験をさせてくださって,ありがとうございました。次は,12月のボンタン狩り体験交流学習でお会いしましょう。

2022年10月12日

令和4年度尾崎小学校運動会⑤

 前半に「華の50歳組」の方と一緒にやった「運命の旗パートⅡ」を手伝いに来てくれていた中学生,高校生の先輩たちとやりました。運がよければ中学・高校の先輩たちに勝てるかもしれないというこの勝負,自分の選んだカードを挙げながら,わたしが何色の旗を挙げるか見つめる子供たちの姿がかわいらしいです。競技終了後には,参加してくれた中学生,高校生に参加賞を手渡しました。手伝いに来てくれたおかげで,とても助かりました。どうもありがとうございました。

 今回の運動会の最終種目は,「地域役員VS子供たちのリレー」でした。役員の皆さんも一生懸命走ってくださり,大変盛り上がりました。暑い中,運動会の運営や競技に御協力いただき,本当にありがとうございました。

 閉会式では,紅白対抗がなくなったので成績発表や優勝旗授与はせず,一人一人が「運動会の感想発表」をしました。自分が頑張れた競技や演技のこと,「華の50歳組」の方が参加してくれてうれしかったことなど自分の言葉で話すことができました。たった3人の運動会でしたが,皆さんの協力のおかげで最後まで楽しく元気に頑張ることができた子供たちでした。

 そんな子供たちの頑張りに対して,学校が準備した参加賞とは別に,地域の方が個人的に参加賞を準備してくださいました。教室で子供たちに手渡すと満面の笑みでうれしさを表現していました。

 運動会終了後は,体育館で家族ごとに分かれて昼食をとりました。おいしそうなお弁当を囲んで,運動会の話に花が咲いていました。保護者の皆さんも御協力ありがとうございました。

2022年10月08日

令和4年度尾崎小学校運動会④

 次は,子供たちが楽しみにしていた「華の50歳組」の方とのリレー対決でした。子供たちも3人,「華の50歳組」も3人ということで,1人が半周を2回ずつ走って競いました。終始,いい勝負でしたが,最後は子供たちがわずかにリードしてゴールしました。

 今回の運動会で新しく挑戦したのが,尾崎小学校の校歌での表現運動です。校歌の歌詞や曲をイメージしながら,子供たち一人一人が動きを考え,意見を出し合ってダンスを完成させました。大好きな尾崎小学校をもっともっと好きになってほしいという気持ちを込めたダンスを披露することができました。

 次の種目は,親子種目「親子でいっしょに」でした。校庭を一周する間に,2人組での縄跳び10回,パン食い競争,風船割りの3つを親子で協力してクリアしながらゴールを目指します。勝ち負けよりも楽しそうな親子の様子が,会場の雰囲気を和ませてくれました。

 この続きは,また後日紹介します。

2022年10月07日

令和4年度尾崎小学校運動会③

 熱中症対策のために,5種目おきに10分程度の給水タイムを取りながら,競技を進めていきました。

 地域役員,保護者,職員,「華の50歳組」によるスプーンリレーは,バドミントンのラケットに2個のゴムボールを乗せて,バランスを取りながらリレーしていきます。飛び入りで以前本校に勤務されていた職員や卒業生も参加して,大いに盛り上がりました。

 ファミリーランは,尾崎小学校の名物種目の一つです。体力や走力に合わせて自由にスタート位置を変更することができ,校庭約半周を家族が一斉に走ります。ゴールした後は,家族と一緒に写真撮影もしました。みんなすてきな笑顔です。

 次の種目は,未就学児のかけっこ「あつまれ ちびっこ」でした。昨年度は,誰もこの競技に参加する子供がいなかったため,急遽手伝いに来てくれていた中学生のかけっこをしました。しかし,今年は来年度入学予定の子供を始め,会場に来ていたちびっ子たちが5人も参加してくれました。かわいらしい走りに会場からは大きな拍手が起こりました。

 この続きは,また後日紹介します。

2022年10月06日

令和4年度尾崎小学校運動会②

 「華の50歳組」歓迎太鼓の後は,短距離走でした。4年生と5年生が一緒に走りました。4年生は,10mほどのハンデをもらってのスタートでしたが,5年生が力強い走りで1周する間に追いつきました。

 子供たちの出番が続くと休む暇がないので,途中に役員や保護者,職員が出場する種目が入ります。「どこに行くかは輪に聞いて」は,金輪回しです。「華の50歳組」の方も一緒に参加してくださいました。子供の頃に遊んだ経験のある役員の方々はさすがに上手で,保護者も職員も歯が立ちませんでした。

 次の種目は,子供たちと「華の50歳組」の競技で,「運命の旗」という種目でした。トラックを半周走って,赤,青,黄の3色のカードを1枚選びます。ベートーベンの「運命」でおなじみの「ジャ・ジャ・ジャ・ジャーン」のBGMの後にわたしが赤,青,黄の旗から1本選んで挙げます。同じ色だった人はそのままゴールへ,違う色だった人はカードを取り替えてゴールに向かうというレースです。足の速さではなく,運が勝敗を左右しました。

 表現「キック&スライド」は昨年度も披露したダンスですが,隊形移動などを工夫してリニューアルしました。子供たちと職員が息の合ったダンスをみせることができました。

 この続きは,また後日紹介します。

2022年10月05日

令和4年度尾崎小学校運動会①

 10月2日(日)は,朝から爽やかな秋空が広がりました。先日準備していただいた緑門も子供たちや保護者,地域役員の方,「華の50歳組」の方,観覧に来られる地域の方々を静かに迎え入れてくれました。

 9時から開会式が始まり,子供たちはこれまで練習してきた成果を発揮して立派な態度で臨みました。開会式の最後には3年ぶりに参加してくださった「華の50歳組」の方の紹介があり,学校と子供たちに記念品をいただきました。どうもありがとうございました。

 開会式終了後は,例年「尾崎三尺棒踊り」を披露していたのですが,今年は児童が3名となり,6名一組で踊るこの棒踊りを披露することができませんでした。代わりにもう一つの伝統である太鼓を「華の50歳組」歓迎太鼓として披露しました。全職員が子供たちと一緒に,約1か月毎日練習に取り組んできました。演奏後は,会場から大きな拍手をいただき,子供たちも職員も演奏に自信をもつことができました。

 この続きは,また後日紹介します。

2022年10月04日

運動会会場準備完了!

 9月29日(木)午後から尾崎小学校運動会の会場準備を行いました。職員と子供たちはもちろん,保護者や地域役員の方々,「華の50歳組」の代表者の方で協力して設営をしました。

 はじめに校庭のテント設営と万国旗の設置を行いました。子供たちは,自分たちにできる仕事として,折れた枝や落ち葉を集めたり,長机や椅子を拭いたり,トラックに杉の葉を刺したりしました。

 また今回の運動会には3年ぶりに「華の50歳組」が参加してくださるので,歓迎の緑門も設置しました。3年ぶりだったため,設置に必要ないろいろな道具がどこにしまってあるか分からず,探すのに大変苦労しました。見つからないものは,地域の方がすぐに代わりのものを準備してくださり,なんとか無事に完成しました。

 さあ,あとは主役の登場を待つばかりです。暑さが予想されるので,体調をしっかり整えて本番に備えましょう。

2022年09月30日

かごしま国体応援花育てリレー

 令和2年度に開催予定だったかごしま国体は,新型コロナウイルスの影響により,令和5年度に延期されました。尾崎小学校は,来年度開催予定のかごしま国体のおもてなし隊に登録されています。今日は,その活動の一環として「かごしま国体応援花育てリレー」の苗を植えました。

 プランターには,一人一人が考えたメッセージをステッカーにして貼り付けます。地元鹿児島の選手たちを応援する気持ちと,全国各地から集まってくる選手たちを歓迎する気持ちを込めて花を植えました。

 来年度無事に開催され,これまで練習を重ねてきた選手の皆さんが力を発揮できることを願っています。

2022年09月21日

楽しそうな図工の学習

 今日の子供たちは,運動会練習や外国語の学習を午前中頑張っていました。午後は何の学習をしているのかなと教室をのぞいてみると,4年生も5年生も図工の学習に取り組んでいました。

 4年生は,「小さな自分のお気に入り」という単元で,段ボール箱の中に小さな自分のお気に入りの世界を作っていました。先生の作品も参考にしながら,自分なりに工夫しながら作る様子が見られました。

 5年生は,「糸のこスイスイ」という単元で,板に絵を描いてそれを糸のこで切ってパズルを作っていました。板を切ってから絵に色付けをする子と絵に色付けをしてから板を切る子,それぞれ個性が分かれました。でも,2人ともいい作品ができ上がりそうです。

 子供たちの楽しそうな学習の様子を見て,見ているこちらまで楽しい気分になれた午後でした。

2022年09月20日
» 続きを読む